ウーマン

データ管理体制の強化

パソコンを操作する男性

送信管理の必要性

様々な情報がデータ化されて管理されるようになったことにより、企業におけるデータ管理が重要になってきています。データ送信をするこで外部との情報のやり取りをする場合がありますが、本当にそれが外部に送って良いものなのかどうかを送信する本人だけで判断していてはリスクが高い場合もあります。データ送信の管理を行う必要性が高まっているのが現状ですが、いかにして行うかが問題になりがちです。データ送信サービスを利用する方法は送信管理を行う上で役に立ちます。社内から外部にデータを送るときには必ずそのサービスを利用するという形にすることで厳しい管理体制を作り出すことも可能でしょう。送信を却下する条件設定をすることができるからです。

権限者による送信管理

送信管理に着目してデータ送信を利用するときに主な目的になるのは、外部に送ることが許されないデータの送信を却下することです。最も強力なサービスとして提供されているのが、送信時に権限者による承認がなければならないというシステムでしょう。データ送信を行う際に、権限者に通知が届くようになっていて、その承認を得てようやくデータが送信されるという仕組みになっています。そのデータファイルの種類や内容、サイズなどのファイル情報や送信者や送信部署などによってフィルタリングを行うことも可能であり、権限者を個々に設定することもできます。このような管理体制を作ることによって外部に出せない情報を監視する体制を生み出せるのです。